ハウルの動く城ソフィーの呪いはいつ誰が解いた?髪色が戻らないのはなぜ?

ハウルの動く城ソフィーの呪いはいつ誰が解いた?髪色が戻らないのはなぜ? アニメ

ハウルの動く城では、18歳の少女ソフィーが荒れ地の魔女の呪いによって、90歳の老婆にされてしまします。

ソフィーは、途中若返って60歳くらいになったり、元の若い姿になったりといろいろな姿になります。

また、映画の序盤で寝ている時に元の姿に戻っています。

最後は若い少女に戻っていますが、髪の色はそのままです。

はっきりとソフィーの呪いが解ける場面はないので、いつ誰が呪いを解いたのかを疑問に思われる方も多かったのではないでしょうか。

ソフィーの呪いをいつ誰が解いたのかについては、幾つかの説がありますので、詳しくご紹介していきます。

また、ソフィーの髪色がなぜそのままなのかも考察してみました!

 

 

ハウルの動く城ソフィーの呪いはいつ解けた?誰が解いた?

ソフィーの呪いはいつ、誰が解いたのかについては幾つか説があります。

ソフィーの呪いを解いたのは

  • カルシファー
  • ハウル
  • ソフィー自身

という3つの説があります。

それぞれを考察していきます。

ソフィーの呪いはどんな呪い?

映画の序盤で、ソフィーは店にやってきた荒れ地の魔女によって呪いをかけられて、90歳の老婆になってしまいます。

ただ、その後ソフィーの見た目年齢がコロコロ変わることから、ソフィーの精神年齢というか気持ちに見た目が同化する呪いのようです。

なぜ荒れ地の魔女はソフィーに呪いをかけたのでしょうか?

考察してみました。

 

荒れ地の魔女がソフィーに呪いをかけた理由を考察

荒れ地の魔女がソフィーに呪いをかけた理由として2つ考えられました。

1.荒れ地の魔女がソフィーに嫉妬した

2.ハウルをおびき寄せる手段だった

1つ目は、荒れ地の魔女がソフィーに嫉妬したのでは、ということです。

ハウルは、以前荒れ地の魔女に自分から近づいた、と言っています。

面白そうな人だと思って近づいたものの、恐ろしい人だったので逃げています。

荒れ地の魔女は、ハンサムで才能のあるハウルを気に入っていました。

そのハウルが若くてかわいいソフィーと一緒にいたので、やきもちをやいたのでは、と思います。

でも、ソフィーにしてみれば、いきなり目をつけられた!という気持ちですね。

荒れ地の魔女はソフィーに呪いをかける時に、

荒れ地の魔女に張り合おうなんていい度胸ね

というセリフを言っています。

ソフィーにそのつもりはなくても荒れ地の魔女からすれば、自分と張り合ってくるなんて生意気な、と思ったのではないでしょうか。

2つ目は、ハウルが大事にしている(と荒れ地の魔女は思っている)ソフィーに呪いをかければ、呪いを解いてほしくてハウルが近づいてくると考えたのではないでしょうか。

荒れ地の魔女は、ハウルを気に入っているのでおびき寄せるための手段だったのかもしれません。

 

次にソフィーの呪いをいつ誰が解いたのかについて見ていきましょう。

いろいろな説があるので順番にご紹介します。

ソフィーの呪いを解いたのはカルシファー説

ソフィーがハウルの城に来た時に、カルシファーがすぐに呪いについて見破ります。

そこでカルシファーが自分とハウルの契約の秘密を見破ってくれたら、ソフィーの呪いも解く、という取引をもちかけてきます。

疲れて眠かったソフィーは話半分に「わかったわ。取引ね」と言って眠ってしまいました。

ちょっとした口約束のような会話でしたが、この会話によって取引が成立したのかもしれません。

  1. ハウルとカルシファーの契約の秘密をソフィーが見破る
  2. ソフィーがカルシファーを自由にする
  3. カルシファーがソフィーの呪いを解く

カルシファーが自由になった時に、ソフィーの呪いをカルシファーが解いたということが考えられます。

 

ソフィーの呪いを解いたのはハウル説

ウルは城にいるソフィーを見てすぐに呪いを解いたという説もあります。

優秀な魔法使いであるハウルは、ソフィーを見てすぐに呪いを見破ったことでしょう。

ハウルが黒い鳥になって戦争の様子を見に行って帰って来た時に、寝ているソフィーの寝顔をじっと見つめるシーンがあります。

ソフィーは、18歳の少女に戻ってぐっすり眠っています。

ソフィーの呪いが解けたのでは?と思いますが、目を覚ますとソフィーはまた老婆の姿になっています。

ハウルが呪いを解いたはずなのに、なぜ老婆になってしまうのでしょう?

カルシファーが最初にソフィーの呪いを見破った時に

こんがらがった呪いだね」

と言葉をかけています。

こんがらがったということは、複雑な呪いで、つまり呪いは一つではないということではないでしょうか?

ソフィーはもともと自分に自信のない少女でしたので、ソフィー自身がさらに呪いをかけてしまった、ということが考えられます。

こんがらがった呪い=荒れ地の魔女の呪い×ソフィー自身の呪い
ということなのかもしれません。
ハウルには荒れ地の魔女の呪いは解けても、ソフィーの呪いはソフィーにしか解けないのでは?

 

ソフィーの呪いを解いたのはソフィー自身という説

ソフィーにかかった呪いをソフィー自身が解いたという説について考察します。

カルシファーが言ったこんがらがった呪いの正体が、荒れ地の魔女の呪い×ソフィー自身の呪いだとすると、ソフィーにしか解けない呪いになります。

ソフィーは自分にどんな呪いをかけたのでしょう?

荒れ地の魔女によって老婆になる前のソフィーについて見てみましょう。

 

呪いがかかる前のソフィーは?

老婆になる前のソフィーは、自分に自信がなく、ちょっと卑屈でおどおどしている印象です。

妹のレティーも、姉を心配していました。

自分の事は自分で決めなきゃダメよ!

レティーが別れ際にソフィーに言った言葉です。

「長女だから」と、帽子屋に縛り付けられているようなソフィーに好きなことをして!と後押ししたのではないでしょうか。

ソフィーが老婆になった自分に「服も前より似合ってるわ」と言っているシーンがありました。

ソフィーはグレーの服を着ていますが、この服の色にもソフィーの自信のなさが表れているのだと思います。

本当はもっと明るいきれいな色が着たいのに、自分には似合わないから、と思い、グレーの色を着ている、ということではないでしょうか。

ソフィーもそんな自分を変えたかったのでは?

呪いで老婆になったソフィーが生き生きしていた

荒れ地の魔女の呪いで老婆になったソフィーですが、それまでのソフィーよりもむしろ生き生きと楽しそうです。

老婆になった直後から「元気そうだから大丈夫」と自分を励まし、帽子屋を後にします。

声をかけてくる人に気軽に返事をしたり、喋り方も元気なおばあちゃんそのもの

すっかり人が変わった印象です。

「長女だから」「きれいじゃないから」といったことから解放されて、ちょっと図々しいけれども、かわいくてお世話好きなおばあちゃんになりました。

 

ソフィーの呪いが完全に解けたタイミングは?

ソフィーが自分自身で呪いを解いたとすると、完全に呪いが解けたタイミングがいつなのか、推測してみました。

ソフィーは、元の年齢に戻ることが多くなっても、ふとしたきっかけで年を取った姿に戻っていました。

戦争が激しくなり、魔力を使いすぎて弱ってきたハウルをソフィーが止めるシーンがあります。

その時にハウルがソフィーに

ようやく守らなければならないものができたんだ。……君だ

と言います。

ここで2人の心がしっかりと通じ合い、ソフィーは自分に自信を持てるようになったのではないでしょうか。

このシーンからはソフィーは、若い姿のままになっていますので、この時にソフィーは自分にかけた呪いを完全に説いたのだと思います。

ここからソフィーは、自分の心に正直に強い意志を持ってハウルを救おうとしていました。

 

ハウルの動く城ソフィーの髪色が戻らないのはなぜ?

ソフィーは呪いが解けたのに、髪の色が戻らないのはなぜなのか、不思議ですよね。

理由が2つ考えられました。

1.星の色に染まったから

2.ソフィーがそう望んだから

 

ソフィーの髪は星の光に染まった?

心臓が無事に戻ったハウルが目を覚ました時に、ソフィーの髪を見て「星の光に染まっている」と言っています。

染まったタイミングは、ハウルの過去にタイムスリップした時なのか、カルシファーが呪いを解いた時なのかはわかりません。

 

ソフィーが望んだ髪色だから

ソフィーの髪色が元の焦げ茶色に戻らないのは、ソフィーがそう望んでいるからかもしれません。

元の年齢の姿に戻っても、前のソフィーとは全く違うから前と同じ髪色に戻らなくていいと思ったのではないでしょうか。

ソフィーの髪色は、老婆の時の白髪とは違っています。

つやもあり、青みがかった銀髪ですね。

呪いがかかる前のソフィーではなく、今のソフィーとしてハウル達と生きていくという気持ちの表れなのかと思います。

 

もう一度ハウルの動く城が見たい!ジブリの他の映画も見たい!

という時にはTSUTAYA DISCASがおすすめです!

初回入会から30日間無料お試し

 

まとめ

ハウルの動く城のソフィーの呪いはいつ誰が解いたのかについて、ご紹介しました。

ソフィーの呪いを解いたのは、

カルシファー・ハウル・ソフィー自身

という3つの説がありました。

そして、呪いが解けたのにソフィーの髪色が戻らないのはなぜなのかは、

星の光に染まった・ソフィーがそう望んだ

という理由が考えられました。

ハウルの動く城は、何度見てもわかりにくい部分がありますが、深読みしながら見る楽しさもありますね。

コメント